イナカイカナイ?

プチ自給自足、ダイエッター、射撃好き。

ウナギが買えないなら、川で捕ればいいじゃない!

ちょっと時期を逃した感がありますが、ウナギって美味しいですよね!

蒲焼もいいし、 白焼きもサイコー。

f:id:morino202040:20191009080839j:image

でも高いんですよね、、、

じゃあ捕っちゃおうってことで、ウナギ捕獲に勤しんできましたよ。

竹で仕掛けを作ります

ウナギの隠れ家になる寝床を作って、それに入ったのを引き上げるという、簡単な罠を作ります。

子供でもできるくらい単純すぎて、罠って呼ぶのもなんだかなぁ。

塩ビ管でも大丈夫だと思いますけど、ウチは竹がいっぱいあるし、自然素材の方がウナギに優しい気がするので、私は竹一押し。

f:id:morino202040:20191008212248j:image

まず、内径5~8cmの竹を1メートルくらいに切ります。

節は抜いておきます。

これを一本で使ってもいいし、2.3本束ねてもOK。

f:id:morino202040:20191008212307j:image

乾燥してヒビが入ったので、紐で縛ってあります。

水に濡れると竹が膨らんでヒビは閉じますが念のため。

沈めて一週間くらい待って引き上げよう

近所の川に沈めます。

海の近くの川じゃなくても大丈夫です。

ウチの近くの川は河口から20kmくらいありますが、一生懸命登ってきてくれます。

けなげで、かわいい!

 

私は足首よりちょい上~ひざ下くらいの深さのところに沈めてます。

大きめの石で重しをして完了。

 

一週間くらい待って引き上げます。

運が良ければ次の日でも入ってますけど、毎日見に行くの面倒だし、バシャバシャ驚かせて警戒されるのも困るので臨機応変に。

罠を引き上げる時は、片方の穴を網で塞いでおきます。

今回はモクズガニ、テナガエビ捕獲

4本ほど沈めておいたのを、先週引き上げに行ってきたのですが、ウナギ捕れず。

いたけどすり抜けて逃げられてしまいました。

これは燃える!!!

全然いない時より、いるのに捕れない時の方が、めちゃくちゃクッソーって気持ちになります。

猟欲が強いんでしょうけど、誰にでもある気持ちだと思います。

 

でもこの労力、、、

いくら高くても働いて買った方が絶対効率いいんだけど。

いやいや、こういう楽しみはプライスレスだから!

 

f:id:morino202040:20191008213031j:image

ウナギはダメだったけど、嬉しいことにモクズガニと手長エビが入ってました。

小さいヤツは逃がしますよ。

 

寄生虫がいるのでよく加熱しなきゃ!

猟をするせいか、お盆時期になると『帰省中』を『寄生虫』と勘違いしてしまいます。

f:id:morino202040:20191008213215j:image

カニは塩茹で、エビは塩焼きで、美味しくいただきました。

カニは撮り忘れました。

 

台風来てるし、これから寒くなるので、今年のウナギ捕りはこれで終わりかも。