イナカイカナイ?

プチ自給自足、ダイエッター、射撃好き。

狩猟解禁に向けて、装備の確認と準備

こんにちは!!

 

もうすぐ狩猟解禁てことで、本日は装備について。

 

ヤッケの上下、迷彩柄

 

ヤッケって知ってます?

私、田舎に来るまで聞いたこともなかったんですけど、、、

 

風除け、汚れ防止に撥水加工してある作業服のことで、アウトドアや防寒にもいいみたい。

ドイツ語が語源らしい。

 

 

f:id:morino202040:20191112161401j:image

 

 素材は、ナイロン100%。

ツルツルした素材なのでダニが登ってきにくいのがいいですね。

 

イバラでたまに引っかけるので安価なものを着用。

これは確か上も下も400円くらいだった気がする。

ワークマンか地元の作業服店かどっちかで購入。

 

山に入らなくても、ちょっとした野外の作業する時に便利です。

 

こんな安っぽい迷彩服でなく本格的なものに興味がありましたら、コチラがオススメ

 

www.military-spec-an.com

 

 

オレンジベスト、帽子、猟友会の支給のやつ

 

よくテレビなんかで猟師が着てるやつ。

目立つ色で仲間に撃たれないように、こんな派手なの着ます。

カ、カッコいいでしょ、、、?

 

f:id:morino202040:20191113133522j:image

 

なぜ迷彩やオレンジを着るのかというと、イノシシやシカは色覚が人とは違い、赤緑の識別がつかないので。

なので赤緑系の色を着ていれば山に溶け込んで気づかれにくいんです。

オレンジは人間にとっては目立つ色だけど、イノシシやシカにとっては見にくいんでね。

 

携帯するもの

  • 銃所持許可証
  • 狩猟者登録証
  • 有害鳥獣捕獲従事者証

 

地下足袋、スパイク付き

 

林業用。

私の猟隊はこのタイプを履いてる人が多いですね。

 

師匠曰く、イノシシ・シカの蹄が最も山に適したかたちの足なので、それと同じにしないでどうする!と。

 

f:id:morino202040:20191112161437j:image

 

もうコレないと話になりません。

 

昔から言われている狩猟に大切なものに、

『一犬、二足、三鉄砲』

または『一足、ニ犬、三鉄砲』

というのがあります。

そのくらい足が大事ってことですね。

 

この場合の足って、たくさん歩ける丈夫な足って意味もありますけど、

足しげく山に向かい、歩き回るマメさって意味でもあります。

 

 

f:id:morino202040:20191112161446j:image

 

裏はスパイク付いてます。

葉っぱが多いと靴裏にワシャワシャにくっつきます。

 

靴下は5本指ソックスか親指が分かれているヤツ使ってます。

 

 

散弾銃、弾、とめ刺し等の危険な物はグーグル先生に怒られる危険性があるので、載せるのやめときます。

あと同じく狩猟内容についても今後記事にしない予定です。

 

 

f:id:morino202040:20191113130221j:image

 

さっきウチの山を歩いて見にいったんだけど、曇ってるせいか鬱蒼としていて不気味。

 

やっぱ慣れてる山でも暗いと怖いわ!

丸腰なんでなおさらですね。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!