イナカイカナイ?

プチ自給自足、ダイエッター、射撃好き。

銃を持つきっかけ、初めて警察に行くまでの経緯など

初めて警察に行くまでのいきさつ、銃を持つきっかけとか、警察に行く前にしてたことをまとめました。

 

初心者講習会を受ける以前の話なので、ほんと序の口。

 

f:id:morino202040:20191213214243j:plain

 

銃砲所持許可の申請について、おおまかな流れ

 

銃砲所持許可を受けるにあたっての申請等、大まかですけど。

 

1、初心者講習会

 

2、教習資格認定申請

 

3、教習射撃

 

4、銃砲所持許可申請

 

5、所持許可証交付

 

6、銃の購入・銃の確認

 

※県や射撃場によって、それぞれに掛かる金額が違ったりするので、記載していません。実際に申請するときは確認をお願いします。

 

銃砲所持について思ったこと、噂、クチコミ等

 

クレー射撃をやりたいとか、狩猟免許の第一種、第二種銃猟免許を取りたいとなったら、銃砲所持許可というものを警察から受けねばなりません。

 

www.morino.work

 

前回、クレー射撃について、金額等は大雑把に書いたんですけど、もうちょい詳しい警察とのやり取りについて今回は書き出しました。

当時は私わからないことばかりで、色んな人に聞き回ったり、ネットで検索しまくってました。

同じくお困りの方、銃なんて持とうとしてる、変人、個性的な方のお役に立てれば幸いです。

 

いろんなサイトで取得方法なんか詳しく載ってると思いますので、事務手続きや金額など詳細はそちらでお願いしますね。

何聞かれる?とか、試験ムズイ?とか、当時思ったこと、感想みたいなの書いておきますね。

実際、私も事務的なことより、そういうクチコミみたいなのの検索をしていたので。

 

銃を持とうと思ったきっかけ

 

銃を持とうと思ったきっかけは、果樹園をやっててヒヨドリやカラスに食い荒らされ悔しい思いをしていたから。

一個1000円級のフルーツがいくつも突かれた日には、一年間何のために育ててきたんだろうと、物凄い脱力感に襲われます。

シカやイノシシの被害もたまにはありましたが、それほど酷くはなかったので、鳥を撃つだけならと空気銃(狩猟免許、第2種銃猟免許)のみの許可を取るつもりでした。

 

で、まずは銃うんぬんより、現場を見てみたいと思った私は、警察ではなく猟友会に連絡を取りました。

銃を持ったとしても、こんなヘッポコな女でやっていけるか心配だったので、話を聞いてみたかったんです。

そしたら、ちょうど猟期中だったこともあり、見学したり話を詳しく聞くうちに、イノシシ、シカの被害の大きさをまざまざと知ることになり、散弾銃も撃てる第1種銃猟免許をとることに決めました。

 

※狩猟免許には第一種と第二種があり、一種は散弾銃と空気銃が撃てます。

二種は空気銃だけです。

狩猟免許と、銃砲所持許可の2つが揃って、初めて銃猟ができます。

クレー射撃は銃砲所持許可のみでできます。

 

でもってライフル銃が撃てるようになるのは、銃許可を受けてから10年後になり、さらに推薦等も必要なのでなかなかハードルが高めです。

取るつもりないのでどうでもいいですけど、、、

 

初めての警察、いろんな質問されるので自信もって答えましょう

 

手続きは、自分が住んでる管轄の警察署の生活課にお世話になります。

必ず電話で確認してから行くようにしてください。

担当の方が不在だったり、先客がいたりで無駄足になってしまいます。

あと、受付けは平日のみなので、頑張って仕事の都合をつけて行ってくださいね。

 

警察署に行く前に猟友会に知り合いというかコネみたいなのを作っておくと割と話が早く進むかなと思います。

私は行かなかったけど、銃砲店とかも顔出しておいてもいいかもしれませんね。

どのみち、弾買ったりお世話になるところですから。

 

いきなり警察に銃取りたいなんていっても即追い返されることが多いそうです。

思いつきで言っているのかどうか本気度を試したり、適性を見ているのだと思いますけど、それで正解だと思います。

危ない人や迂闊な人に持たせて欲しくないので。

そもそも日本では禁止されているものなので、警察は諦めさせる方向で話を進めますよね。

 

初回、警察の質問等


1回目に行った時

なぜ銃が必要か?

ちゃんと管理できるのか?

あなたの身分、経歴、家族構成は?

などなど、質問攻めにあい、危険なものであること(暴発の危険、盗まれて悪用される危険性)等をこんこんと聞くことになりました。

 やましいことがないのなら、質問には自信を持ってハキハキと答えましょう!

 

猟友会のおかげと、実際鳥獣被害にあっているというのが強みになり、2回目に行った時に講習会の申し込みができました。

多分、早いほうだと思います。

 

 

初心者講習会、筆記試験前までは、こんなところでしょうか?

また思い出したら書き足していきたいと思いますが、ポンコツ頭で昔のこととかあまり覚えてないタイプなので、ごめんなさい。

 

近々、初心者講習会についても記事にしようと思ってます。

 

つづく

 

本日も読んで下さってありがとうございます。