イナカイカナイ?

プチ自給自足、ダイエッター、射撃好き。

美味しくヘルシーなジビエ料理!ダイエットにおすすめ

最近は、ジビエって言葉も随分定着してきましたね!

念のためにざっと説明すると、ジビエとは狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣のことで、それを調理したものをジビエ料理っていいます。

 

ジビエ料理の特徴、高タンパク、低脂肪でヘルシー

 

畜産のお肉より味に深みがあって美味しいのがジビエの特徴ですが、味以外にも良いところがありますので、ご紹介させてください!

 

肉質について

 

肉質については、飼育下のものと比べると品質に差があります。

畜産のものは運動量も均一ですし、生後何カ月とか出荷される時期が決まっているので、だいたい同じ味になります。

一般的に、柔らかく味が薄い。

 

ジビエは年齢も運動量もそれぞれなので、個体差がかなりあります。

ただ全般的に言えるのは、歯ごたえのあるものが多いですね。

野生のものは自由に動き回っているので、筋肉が発達している分、噛みごたえがあり味が濃い。

 鉄分などミネラルも豊富です。

 

f:id:morino202040:20191210153515j:plain

 

鹿ロース。

軽く炙って、ガーリックとブラックペッパー、岩塩でいただきました。

 

脂はコラーゲン多め

 

野生下で育っているので無駄な脂がなかったり、脂がある場合でも非常に質のいい脂がのっています。

 

豚の脂は熱を加えると溶けて液体になりやすいのですが、イノシシの脂はコラーゲンが多いせいか熱してもあまり液化しません。

心地よい歯触りを残したままで、存在感があります。

 

こんなふうに肉も脂も良質で、この上なくダイエット向きと言えます。

 

 

www.morino.work

 

ジビエに関しての注意!生食はダメ、絶対

 

ジビエを珍味と称して生食するのは感染症や肝炎、寄生虫のリスクが有り、大変危険です。

絶対に食べないでくださいね。

特に妊婦さん、ナマは絶対に食べないでください!

 

あと、あまりないことかもしれませんが、どなたかからジビエを頂くことがあるかもしれません。

そんな時、明らかに状態の悪そうな品質だった場合は食べない方がいいかも。

くれた方に悪気はなく、傷跡打撲弾痕等に気付かず渡してしまうこともあり得るからです。

無理して食べて嫌いになってしまったら、今後もったいないので。

 

低カロリーで鉄分などミネラル豊富、美容と健康にうってつけ

 

 生食など気をつけていただければ、これほど美容と健康に良い食材って、なかなかないんじゃないかと思います。

低カロリー、高タンパクでミネラルも豊富なので、特に女性の方におすすめですよ~

 

機会がありましたら、是非ともジビエ料理召し上がってくださいね!

 

本日も読んで下さって、ありがとうございます。